フィールド公式レギュレーション - 関西 大阪 和歌山 サバイバルゲームフィールド バトルランド−1

関西 大阪 和歌山 サバイバルゲームフィールド バトルランド−1

フィールド公式レギュレーション

2017.04.01更新

フィールド公式レギュレーション

注:以下のレギュレーションは予告無く変更する場合があります

バイオBB弾はフィールドで許可されているもののみ使用可能

 

エアガンに関するルール


メーカー出荷状態のエアガンであってもレギュレーションを超過したものは使用出来ません

各BB弾初速(ボルトアクションライフルを除く)

0.20g弾使用時 初速95m/s未満
(測定器表示94.99m/s以下) 約0.9J
0.25g弾使用時 初速85m/s未満
(測定器表記84.99m/s以下)
   
どんな状態(HOP開放or掛けた状態)でも0.2g弾で計測し98m/sを超える銃は違法性が高いとし、持ち込まれた方の今後のゲーム参加は御遠慮いただく場合がございます。

各BB弾初速(ボルトアクションライフル限定)

0.20g弾使用時 初速98m/s未満
(測定器表示97.99m/s以下)
0.25g弾使用時 初速88m/s未満
(測定器表記87.99m/s以下)
0.28g弾使用時 初速83m/s未満
(測定器表記82.99m/s以下)
どんな状態(HOP開放or掛けた状態)でも0.2g弾で計測し98m/sを超える銃は違法性が高いとし、持ち込まれた方の今後のゲーム参加は御遠慮いただく場合がございます。

※ボルトアクションレギュレーションは、どの位置のHOPであっても規定値を超えない物を使用許可とさせていただきます。

 

連射サイクルに関して

通常ゲームにおいては「20発/秒」を上限とします。

※東京マルイ製品の場合、無改造本体と純正バッテリーの組み合わせで15発/秒程度です。
※東京マルイハイサイクル機種は23〜24発/秒ですのでフルオートでの使用はできません。セミオートでの使用は可

8mmBB弾使用機種

マルシン工業製8mmバイオBB弾0.35gのみ使用可能です。
上記0.35g弾を、6mmにおける0.20g弾と同様とします。
形式は6㎜機種に準じます。
 

同時発射機構機種

2発以上のBB弾を同時発射できる機構を持つエアーガンに関しましては

発射サイクル 11発/秒未満

初速 0.2g弾 90m/s未満 0.25g弾 80m/s未満

とさせていただきます。

※ エアーコッキング機種は除外

2016.10.01より暫定ルールとして追加

 

爆音系チューン(流速チューン等)

初速等は、通常レギュレーションと同じ。

自己の発射音で相手方のヒットコールが聞こえないと判断された場合は、サイレンサーの

装着もしくは使用禁止措置をとる場合があります。

弾速の測定に関して

バトルランド備え付けの測定器と測定方法をフィールドルールとしては絶対的な基準とします。「他の測定器では大丈夫だった」は受け付けません。

弾速を測定する場合は「水平ホップ」にて測定します。銃身軸を水平として、それ前後の弾道状態で、上記規定値以内であれば、ゲームでの使用を許可します。

機種によって「ホップ状態で最大出力になるもの」と「ノンホップ状態で最大出力になるもの」が分かれます。また固定ホップアップシステムの機種もあります。

「ゲーム中に使う状態で計測する」のが公平性のある測定方法としては妥当であるという考えです。

※ どんな状態(HOP開放or掛けた状態)でも0.2g弾で計測し98m/sを超える銃は違法性が高いとし、持ち込まれた方の今後のゲーム参加は御遠慮いただく場合がございます。


測定はひとつの銃につき複数回行い、全ての測定値が規定値以下でなければならないものとします。
フルオートガンはフルオート時の初速を計測し、同時に発射サイクルも測定します。

ゲーム中に弾速レギュレーションに関して不正行為の疑いが出た場合は、ゲームを中断して再度チェックさせてもらう場合があります。予めご了承下さい。
又、ゲーム中に抜き打ちでチェックを行う場合もあります。


バトルランドの測定値は、その数値を法的に保証するものではありません。
バトルランドの測定器は認定測定器ではありません。
バトルランドでの計測値が法定値以下でも合法品である証明にはなりませんし、逆に法定値以上でも違法品である事を確認する証拠にはなりません。

バトルランドの測定器にて違法品の疑いが出た場合は、関係省庁に判断を委ねさせてもらいます。
バトルランドでは正否の判断をしかねます。

ゲーム中のルール

ゲーム中のルール・諸注意は下記の通りです。

装備品に関するルール

1.
使用する銃器は6mm又は8mmのBB弾を発射する仕様となっているエアソフトガンのみとします。

2.

ゴーグルに関しては
サバイバルゲーム用に販売されている物、もしくはそれ以上の強度のあるフルフェイスレンズゴーグル。
 
※ シューティンググラス(メガネ、サングラス等)は、レンズ周りが全部肌と密閉されており脱落防止ベルトのついている物のみ使用可能。
 
※ メッシュタイプは、破片等が目に入らない工夫をして使用可能。
 
※ フェイスガードの無い状態でのゲームの参加も可能ですが危険防止のためフェイスガードの着用を推奨します。着用しない場合の怪我、損害は、全て自己責任とさせて頂きます。
 
※ 貸切やイベント等の場合は主催者側の責任判断でシューティンググラス等の使用は認めます。

3.
服装に関しては自由ですが、ヒジやヒザが出ているものよりは、露出の少ない厚手のものを推奨します。
指や額に被弾する時のことも考え、防止や手袋もあれば装着しておいたほうがいいでしょう。
靴も出来れば運動靴よりトレッキングシューズやブーツの方が望ましいです。

4.
レーザーサイトは現地にて規制適合品かどうかの判断が難しいため使用を禁止します。
又、フラッシュライトはシュアファイア6Pなどの電圧が6Vまでのもののみ使用を許可します。

5.
インカム等(無線機)の使用は認めますが、ゲーム中HIT後・並びにセーフティでの使用は禁止です。

6.
ボディーアーマーやタクティカルベストなどの、厚手の装備品を装着する方は、撃たれた時に気づきにくくなりやすいので、より一層被弾時の衝撃や音には神経を使って下さい。

ヒット判定

1.
エアガンから発射された弾に当たった場合は「ヒット!」と周りに聞こえるように大きく声を発し、セーフティーに戻るまでは連呼していただきます。

手を上げる、銃を上げるなどヒットされている事をアピールしながらセーフティに戻って下さい。
物陰から出る場合などは「ヒット通ります!」などと声を出しながら移動することによって、誤射を防ぐように努めて下さい。
ヒットコールは「アウト!」「当たった!」「死んだ!」など人によって異なる場合がありますので、バトルランドでは「ヒット!」に統一させてもらいます。
デッドマーカーが配布されている場合は合わせて提示下さい。

2.
相手方が撃った弾のみならず、味方の撃った弾、木や障害物などに跳ね返った弾、長距離からの流れ弾など、エアガンから発射された弾に当たった場合はすべてヒット対象となります。
僅かな衝撃や音で、実際に自分に弾が当たったかどうか分かりにくい場合はゲーム中多々あると思いますが、その場合でもヒットとして申告して下さい。そういった事を考えていると数秒間経ってしまいヒットコールをしにくくなりますが、その場合
でも遅れてでもいいのでヒットコールをしてヒットを申告して下さい。
逆に相手方のヒットコールが遅かった場合も、コールの遅さを悪く思わずにヒット判定に関して真剣に考えていた結果だと相手を評価するくらいの気持ちを持って下さい。

3.
ヒットされた場合はヒットされている事をアピールする言葉以外は発さないようにしてください。生きている味方に相手方の位置などを教える事は禁止します。

4.
ラバーナイフにおけるナイフタッチ、ハンドタッチによるヒット等は一切認めません。ゲーマー同士のゲーム中における直接的な接触はトラブルの原因となりますので全て禁止します。

5.
フリーズコールは許可しますが推奨はしません。至近距離で相手がこちらに気づいてない場合に「フリーズ!」と声を掛け、相手がヒットコール又は降参の素振りをして始めてフリーズ成立とします。
フリーズコール後に反撃をする事は可能ですので、その際の近距離射撃でのトラブルを防ぐために、フリーズが出来そうな距離でも出来るだけ痛くない場所などを撃ってヒットを取って下さい。
又、降参の素振りを見せておいて反撃するなどの騙すような行為は一切禁止とします。
なぜ反撃を許可するかと言うと、10m以上離れた場所や、複数人に向かって同時にフリーズコールなどをした場合、それは一般的なフリーズコールの性質とは全く違っているからです。
「反撃の動作をされてもこちらが先に撃ち確実に当てられる状況で、相手に痛い思いをさせたくない場合」に利用するのがサバイバルゲームにおけるフリーズコールと考えます。

その他制約事項

1.
故意のヒット隠蔽行為(ゾンビ行為)は絶対に禁止とします。盛り上がっている状況で、ヒットされてゲームから離れるのは誰しも心残りがあります。
しかし、それでヒットを誤魔化してしまってはサバイバルゲームは成立しません。自己申告と相手への信頼で成り立っているのがサバイバルゲームです。

2.
ゲーム中の相手方へのヒット判定の指摘は禁止します。ゲーム後のヒット判定に関する話題もお控え下さい。
相手方への指摘はトラブルの原因になりますし、そういった類の会話も場の雰囲気が悪くなってしまいます。
どうしても納得出来ない事態があった場合は、スタッフにのみ事態を伝えて下さい。

3.
エアソフトガン以外の射出器・投射器の使用は禁止します。
投石器や弓矢、その他危険なものを含めて、BB弾の発射以外で相手を狙う行為は一切認めません。

4.
フィールドでの花火、煙幕などの火気類は一切の使用を禁止します。一部イベント戦などで許可する場合はあります。
セーフティでタバコを吸う際は、灰皿などを用意して下さい。

5.
ゲーム進行中の許可のない試射エリアでの試射等は誤認防止のため禁止させてもらいます。

6.
フィールドにある重機や車両等を故意に壊すために撃つ事は禁止します。通常のゲームでは壊れにくいものではありますが、ミラーなどは割れやすくなっていますので、ゲーム中でも当たらないように注意して下さい。
又、重機や車両・障害物(ドラム缶等)の上には足を滑らせると危険ですので絶対に乗らないで下さい。重機や車両を盾にしたり、下
に潜り込んだりする事や、上半身を乗り出して重機や車両越しに射撃する事は許可します。
重機や車両に「足を掛けて乗る」事を禁止事項としてのラインとさせてもらいます。重機や車両はフィールドを賃借させてもらっている地主様の所有物ですので、以上ご了承下さい。

7.
ゲームフィールドとして、ゲーム中に行動可能な範囲は、別途フィールド利用範囲の項をご覧下さい。
イベント戦やフィールドの状況によって予告無く変わる場合があります。

8.
協調性を持って皆で仲良く楽しんで下さい。

 

 

 

Copyright ©2003 ORD SUPPRY'S. All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT3 / NorenzPRO